truth (旧 Believe)行政機関を利用した副業

大野智も関係ない。こんなくだらない商材はスルーしましょう。じゃ、何で、嵐を語るのか?詐欺暴露レビュー①でも、この商材、truth も Believe も 、嵐とまったく関係ないですね。詐欺暴露レビュー②そう。これで、どうやって月に数十万稼げるのでしょうか?それに、ASPが、インフォジャパンというだけで、ダメですね。

残っているのは、ガラクタばかりです。しかし、債権者が、価値のあるものは、ほとんど持っていてしまってます。ジャニーズ事務所とは何の関係もないです。詐欺暴露レビュー③セールスページに、「ああ、簡単も何も、やりたきゃ普通に●●●へ行って例の資料を確認して、それに沿って××××を受け取りに行けばいいんだよそしたら、後は××××をそのまま■■■■に配送すればいいだけだからと、ありますが、●●● は、裁判所×××× は、差し押さえ物件■■■■ は、買取業者の事です。

いい商材だったら、変える必要はまったくないはず、どんどん変えるということは、詐欺商材の証です。商材名も、Believe から、truthに変わりましたが、近い将来、また変わるでしょう。この商材の内容は、簡単に言うと、家庭裁判所に行って、借金などの差し押さえ物件の家財道具を購入し、家財道具を転売しましょう、というものです。

皆さん御存知のように、詐欺販売者が、大野智やBelieveというキーワードの強さで、この商材の口コミを検索で出てこないようにする戦略です。くだらないですね。ある行政機関とは、家庭裁判所のことです。このASPの商材は、ほとんど詐欺商材ですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加