ミリオングッズプランニング

輸入ビジネス初心者がメーカーになる。この方法を実践して、商品を開発しただけで、年商数億円も夢ではないらしい。要するに、メーカーさんになるということですね。そうならないために、きちんとした物を作る管理体制が必要です。そして、なんと中国でサンプルを作ってロットを生産する。

貴方は、そんな成功するのが万一の方法に、借金してまで、投資したいですか?販売者は、商品開発のヒットメーカーだったそうです。その資金の無い人は、絶対始められないですよね?もし、借金してお金を奇跡的に用意できたとしましょう。こちらの商材のテーマは、自分でオリジナルの雑貨を開発するという事です。普通の人間が考えたら、速攻アウトでしょ!!できるわけがない!!奇跡だよね。

儲けるためには、試作品やサンプルも、大量に作らなければならないですよね?どんだけ、資金が必要なんですか?まして、中国で作るということなので、不良品が大量に出る可能性がある。もし、万一商品が売れなかった場合、その在庫はどうするのか?赤字になって、在庫抱え、人件費も払えず、多額の借金を背負うリスクを考えているのでしょうか?売れないのが、万一というより、売れるのが万一というべき方法だと思います。これは、今流行りの、転売ビジネスではなく、輸入ビジネスみたいですね。ものすごい材料費、人件費が掛るでしょう。

いくら、初心者でも情報弱者でも、無謀な理屈を信じてはいけません。それを、日本に輸入して儲けるというもの。オリジナル輸入商品を開発し、1年足らずで100万個以上を販売したそうですが、ヒット商品の開発手法を特別に公開しようと思い、それが、この商材になったとのこと。それなら、どうして、こんな商材を作って販売する必要があるのか?自分でその輸入ビジネスを、さっさと実践して、何十億円稼げばいいのにと、誰でも思いますよね?こんな疑問だらけの商材、スルーしかないですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加